飛蚊症となる原因には、「硝子体出血」も考えられますが、この硝子体出血とは、一体どんな状態の事を指すのでしょうか。まず、硝子体とは、眼球を構成している半流動体で満たされている目の一部の事です。この硝子体の中に、網膜血管の断裂等によって出血した血液が入り込んだ状態を硝子体出血と言います。硝子体は元々、血管の無い透明な組織です。そのため、この入り込んだ血液によって光が遮られて、網膜に影を落とした状態になり、飛蚊症と言った症状を自覚するようになるのです。この際の症状は、「墨を流したような黒い影が現れる」、「血液の赤い色が見える」等と言われたりもします。硝子体出血の原因としては、糖尿病性網膜症や網膜中心静脈閉塞症等が考えられますが、加齢もひとつの原因に挙げられています。加齢に伴って、後部硝子体剥離が起こってしまうと、 血管が強く引っ張られてしまうために破れて出血し、硝子体出血を起こしやすくなるからです。この出血によって、飛蚊症、視界がかすむ、視力が低下するといった症状が表れると考えられています。出血の量が少量の場合には、時間の経過と共に自然吸収されることもあるでしょう。でも、網膜剥離等の重大な病気が隠されている場合もありますので、慎重に検査を行う事が大切です。もし、網膜剥離を併発している場合には、早急に硝子体内の出血を取り除いて、剥離した網膜を元に戻さなければ、やがては失明の恐れもありますー